医療機関でする脱毛

夏が近づいてくると、ムダ毛の処理が心配になって来ますよね。
水着を着たり、ノースリーブのものを着ることもありますから、どうしてもムダ毛は処理しなければなりません。
脱毛サロンで処理する人が最近はとても多くなりましたが、脱毛サロンではない医療機関で脱毛する方もいます。
では、医療機関の脱毛って、どのような脱毛なのでしょうか。

 

 

医療機関でする脱毛は、レーザー脱毛になります。
これは毛根を出力の高いレーザーで破壊して、その毛根からは二度と毛が生えて来ないようにするものです。
これは医師が施術するので、このような強いレーザーを使うことができるのです。
一般の脱毛サロンは光脱毛(フラッシュ脱毛)というものですが、医師が施術するわけではないので、毛根を破壊するほどの強い光を当てることは禁止されています。
ですので、その毛根からはまた生えてきてしまいますが、段々細くなり、目立たなくなって行きます。

 

 

医療機関でするレーザー脱毛は、毛根を破壊するので永久脱毛とも言えます。
しかも、レーザーを照射することにより、肌のコラーゲンの生成が促されますので、肌が美しくなります。
元々医療機関のレーザーは、シミ等の改善のために開発されたものなので、レーザー脱毛をすることにより、シミやくすみも薄くなっていくという利点もあります。

 

 

ただ、医療機関のレーザー脱毛は、脱毛サロンの脱毛よりかなり痛みがあると言われて来ました。
レーザーが高い出力で照射されるので、その分痛いということです。
ですが、最近ではレーザー脱毛の機器もかなり改良されてきているので、大部痛みが少なくなったようです。
ですがやはり、脱毛サロンの方が痛みは少ないと考える方が一般的でしょう。

 

 

また、出力が強い分、炎症をおこしてしまう場合もあります。
軽いやけどのような感じです。
ですので、脱毛する医療機関では大体において、炎症を抑える塗り薬を出しており、それを塗っていれば、何日か経つとおさまってきます。
医療機関なので、そういう点は安心かもしれません。

 

 

医療機関の脱毛とは言え、1回の施術で終わりというわけではありません。
2ヶ月から3か月に1回のペースで、大体5回ほど通うことになります。
ですから1年くらいはかかるということになります。
脱毛サロンよりは早く完了すると言えますね。

 

 

料金は医療機関の方が、脱毛サロンより高いと言われていますが、最近では脱毛サロン並みの料金の所も増えて来ました。
もちろんかなり高い所もありますので、もし医療機関での脱毛をするなら、色々調べた方がいいでしょう。

 

 

それと医療機関の脱毛は、美容整形のクリニックが多いので、ちょっと何回も通うのに抵抗がある方もいるかもしれませんね。

トップへ戻る