脱毛のしくみ

脱毛のしくみ

毎年、春になってさくらの時期が終わり、お店のショーウインドウに夏服が飾られる頃になると、「ああ、今年もそろそろ夏に向けてムダ毛の処理をしなくては」と思いませんか?

 

もしくは、「今年こそサロンに通って脱毛しようと思っていたのだけど、どうしよう」と迷ったり。。。
いずれにしても、ムダ毛処理の事を考えると、毎年やってくる夏はわずらわしい季節ですよね。
一昔前に比べると、サロンやクリニックにおいての脱毛料金は非常に安価になりました。

 

ほんの数十年前の女性たちは、脇だけの脱毛でも数十万円かけるのが普通でもありました。
その分、サロンやクリニックで脱毛するかたは少なかったのですが、今は、脇だけならお試しコースで数百円という破格の値段で行ってくれるところが多いです。

 

一か所でも脱毛すると本当に手入れしなくてよくなりますから、その快適さが嬉しくてすぐに全身脱毛に移行するかたも多いようです。
ところが最近問題になっているのは、キャンペーン価格などを安く設定しているためにお客さんがとても多くなり、希望する日時に予約をとることが中々できずに、脱毛が完全に終了するまでの時間がかかりすぎるということです。
脱毛は、毛周期に合わせて行わないといけないものなので、むやみに回数通えば早く終わるというものではないのです。
それで最近では、どこのサロンやクリニックにいけば早く終わるのかということが、脱毛を希望する女性たちの一番の注目となっています。
一昔前よりも安価になったとはいえ、ある程度はまとまった金額を支払うのですから、何年もかかってしまうのでは困りますよね。
少しでも早く終わるための秘訣をご紹介しますので、ぜひ一読してみてください。

 

三宮で全身脱毛トップページに戻る

脱毛のしくみとは?

脱毛を早く終わらせるためには、毛周期に合わせた脱毛が必要です。
なので、希望する日時が予約できないのは致命的だと言えるでしょう。

 

現在でも、サロンやクリニックでの脱毛は1回で終わりだと思っているかたが結構いらっしゃるようですが、それは完全な誤りです。
通常の場合は、3回や4回でも完全に脱毛が終わったとは言えません。
少なくとも5回や6回は必要だと思っていた方が良いです。

 

普段、わたし達の身体の表面に出ている毛は、ごく一部だけであって、全てではありません。
皮膚の中で、待機している毛もまだたくさんあります。
そのため、表面に出ている毛を1回の脱毛できれいにしても、数カ月たちますと、皮膚の中で待機していた毛が伸びてきて、また出揃います。
そこでもう1度、脱毛を行います。
またしばらくしますと生えてきますので、そこで再度脱毛を行います。
これが毛周期に合わせた脱毛です。

 

個人差はありますが、だいたい2〜4か月くらいで皮膚の中にあった毛が出揃いますから、この周期に沿って脱毛を行えば早く終わるということになります。
しかし厳密には、生えている場所によっても周期は変わってきます。
3?4回の脱毛で、ムダ毛はかなり少なくなりますが、ほんの少しも残したくないというかたはそれ以上行います。
最近は、ある程度まとまった金額を支払って、回数無制限というサロンやクリニックもありますので、完全に無くしたいかたは、そのようなシステムもおすすめです。
とにかく早く終わるためには、むやみに回数を多くするよりも、毛周期に合った脱毛が必要です。

 

部位によって異なる毛周期

毛周期は1人の人間の身体の各部位において必ずしも一定とは限りません。
むしろ、部位によって異なるのが普通です。

 

そのため、脱毛する部位によっては早く終わる場合もありますし、長くかかる場合もあるということを、まず頭に入れておいたほうが良いでしょう。
身体に生えている体毛も、部位によっては、細かったり太かったりしますよね。
抜いてみると、非常に痛い部分もあれば、それほどでもない部分もあります。
それが一応の目安になります。

 

産まれた時から生えている髪の毛や眉毛、まつげ、体毛などは、それらを総称して「無性毛」と呼びますが、基本的には細めですし、手で引っ張って抜いてみても、それほど強い痛みは感じませんね。
それらの体毛は、毛周期が短めの場合が多いため、サロンやクリニックで脱毛する場合も早く終わると思って良いでしょう。
もっとも、髪の毛や眉毛、まつげなどを脱毛するかたはほとんどいないと思いますが、腕や脚、背中などに生えている体毛は、毛周期が短めです。
一方、第二次性徴期に生えてくる脇毛や陰毛、胸毛などは通常、太めの毛で毛根もしっかりとしているため、自分で抜いてみると非常に痛みを感じます。

 

これらは「性毛」と呼ばれますが、毛周期が長いので完全に脱毛するまでには時間がかかりますし、脱毛するときにも痛みがやや強いです。
早く脱毛を終えたい気持ちはわかりますが、まず最低限これらの知識を知っておくことで焦りは軽減されることと思います。
そして、これらを踏まえたうえで、できるだけ早く終わる方法をお伝えしたいと思います。

 

脱毛できるのは見える毛だけ

現在、普及している脱毛法は、クリニックではレーザー脱毛、サロンでは光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流となります。
どちらも皮膚の表面に出ている毛だけを脱毛しますので、皮膚の中で待機している毛は、いくらレーザーや光を当てても脱毛されることはなく、今後のために生きています。
そのため、それらが成長して皮膚の表面に出てくるのを待ってから次の脱毛を行わなければなりません。

 

それを何度か繰り返して、完全に脱毛が完了したということになりますので、部位によっては3年近くかかる場合もありますし、半年程度で終わる場合もあります。
これらは個人差も大きいので一概に言うことはできません。

 

ただ、脱毛が完全に終了するまではけっこうな月日を要しますが、一度脱毛すれば、その後、次の毛が生えてくるまでの間はつるつるすべすべでいられます。

 

これは、単にシェーバーなどで剃った時よりも、長時間つるつるすべすべでいられますので、次の脱毛まで我慢するのにそれほど苦痛ではないと思います。

 

また、回数を重ねるごとに生えてくる毛はどんどん少なくなり、なんとなく細くなってきたようにも感じますので、自己処理もラクになってゆきます。
とはいえ、自己処理が必要なくなるわけではありませんから、少しでも早く終わるにこしたことはありませんね。
一般的に、身体の表面に出ている体毛は、全体毛の20〜30%程度と言われています。

 

それ以外は皮膚の中で待機していますから、時間を気にしないかたであれば次の周期の毛が全て生え揃ってから脱毛すると良いのですが、部位によって周期が異なるため、出揃うのを待っていては時間がかかりすぎるという難点があるのですね。
早く終わるには、早く終わらせたい部位の毛周期に合わせて通うのがおすすめです。

トップへ戻る