自宅で出来る埋もれ毛(埋没毛)の治し方!

自宅で出来る埋もれ毛の治し方

埋没毛とは?埋没毛の原因と対処方法を解説します!

 

 

 

肌の露出が増える夏になると、腕や足だけでなくデリケートゾーンまで脱毛をしてきれいな肌を目指したいですよね。

 

しかし、自己流の脱毛は肌トラブルを招くだけでなく、治りにくい色素沈着の原因にもなりかねないのです。
今回は、自己流脱毛をしている人がなりやすい埋没毛について解説します。

 

埋没毛とは?

 

埋没毛とは、毛穴がふさがってしまい外に出ることができなくなっている毛をいいます。
自己流の脱毛を行っていると、抜いた毛穴が傷ついてかさぶたになってしまうことがあるのです。

 

毛穴がかさぶたでふさがってしまうことで、毛の先は外に出ることができなくなり、毛穴の中で横向きになって伸び続けてしまうのです。
毛穴が黒くなっているように見えるところがあれば、埋没毛になっている可能性が高いでしょう。

 

 

埋没毛をみつけたら、ピンセットで引っ張り出してもいい?

 

埋没毛をよくみると、狭い毛穴の中でくるくる巻きながら伸びていることがあります。

 

ピンセットで先っぽだけでもつまめれば、引っ張り出せそうな気がしてくるかもしれません。
しかし、ピンセットで引っ張ることはやめたほうがいいでしょう。
なぜならば、埋没毛を引っ張るということは、ピンセットでつまむ部分をみつけなければならないのです。

 

おそらく、毛穴をほじくってつまめる部分をみつけなければなりません。そうすると、毛穴を傷つけてしまう可能性もあるのです。

 

 

埋没毛をみつけたら自宅で対処できる?

 

埋没毛をみつけたら、毛を引っ張り出すのではなく、自然と排出されるときを待ちましょう。しかし黒い毛穴は恥ずかしいですね。できるだけ早く毛を排出するために、毛穴の出口をふさいでいるかさぶたを除去してあげるといいでしょう。

 

埋没毛の原因になるかさぶたは、擦り傷のかさぶたとは少し違い、皮膚が固くなっているイメージなのです。
つまり、固くなった皮膚を上手にとり除いてあげれば、埋没毛は排出されやすくなります。

 

固くなったかさぶたは、スクラブで除去するといいでしょう。スクラブを行うときは、入浴して皮膚がやわらかくなったときが効果的です。
強くこすり過ぎると、肌を傷つけてしまうため、一度で終わらせようとせず、数回に分けて行うようにしましょう。

 

 

また埋没毛専用の薬用ジェルもあるので試してみるといいですよ!

詳細はこちら

トップへ戻る