「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」の違い

「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」の違い

「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」の違い

脱毛サロンを初めて選ぶ際に、必要な金額や施術の方法などのさまざまな情報をインターネットでも調べることができます。そして、脱毛サロンについて見ていくと「S.S.C脱毛」と「IPL脱毛」という脱毛方式について書かれていることがあります。
脱毛サロンの選び方として、知っておくと良いことなので、この2つの脱毛方式について説明します。

 

「S.S.C脱毛」は、毛の成長を抑制するジェルを浸透させ、上から光りを当て、ジェルと照射の相乗効果によって、生えてくる毛の成長を抑えます。直接毛根の組織を破壊するわけではないので、肌へのダメージや痛みがほとんどありません。顔やVIO(アンダーヘア)など、デリケートな部分の脱毛に向いています。

 

「IPL脱毛」は、光エネルギーを使う脱毛方式で、メラニン色素に反応させ毛を作る毛根にダメージを与え、毛が抜け落ちるように促します。医療レーザーに比べて出力は低いです。
日本で最初に紹介され利用されるようになった光脱毛方法で、最初はシミやアザなどの治療につかわれていました。出力が低いので、火傷や痛みの心配はありません。

 

「S.S.C脱毛」も「IPL脱毛」も、どちらも光脱毛です。それぞれの脱毛サロンで使用されている脱毛器は、いろいろな名称が付けられていますが、効果にそれほど違いはありません。選び方のポイントとなるのは、どちらがより肌に優しいかということでしょう。「S.S.C脱毛」はデリケートな部分に向いているということで、「IPL脱毛」よりも肌に優しい脱毛方法と言えます。また、「S.S.C脱毛」はジェルを使うので、美肌効果も期待できます。

 

ただ、脱毛方法の違いやその効果は、知識として調べておくことは大切ですが、一番大切なことは「脱毛の回数」です。脱毛サロンでの施術は、医療脱毛よりも痛みが少なく安全ですが、脱毛効果を得るために回数をこなす必要があります。そのため、脱毛サロンで脱毛する場合は、脱毛方法による効果にはそれほど差がないので、回数と金額をよく確認することが重要です。

トップへ戻る